トップページ > お知らせ > 北はりま消防組合「ハラスメント新聞報道」について

北はりま消防組合「ハラスメント新聞報道」について

お知らせ

令和3年3月4日 

 

北はりま消防組合「ハラスメント新聞報道」について

 

北はりま消防組合

消防長 友藤 豊造

 

 令和3年3月4日、新聞社からハラスメントに対する記事が掲載されました。

 記事の内容及び北はりま消防組合の取組についてお知らせします。

 

1 概要

 北はりま消防組合で令和2年2月に実施しましたハラスメントアンケート結果の内容が、新聞に記事掲載されました。

 

2 アンケート内容及び公表について

 アンケートは、ハラスメントに対する職員の理解と認識を深め、ハラスメントのない職場づくりの足掛かりとすることを目的として、平成23年4月の組合発足以降を対象期間とし、全職員を対象に実施し、その結果をとりまとめ職員へ公表したものです。

 なお、内容には過去の事案も含め様々なものがあり、事実の特定、確認はできておりませんので、すべてがハラスメントであると断定したものではありません。 

 

3 消防組合の現状の取組

  消防組合としては、ハラスメント撲滅に向け、次の取組を行っております。

 ⑴ 消防長によるハラスメント撲滅宣言

 ⑵ 撲滅推進会議の設置等、内部規程の策定

 ⑶ 通報、相談窓口の設置

 ⑷ 自己申告書によるハラスメント調査及び面談

 ⑸ アンケートによる実態調査及び結果公表

 ⑹ 外来講師によるハラスメント研修

 

 今後も、北はりま消防組合としてハラスメント撲滅、職場環境改善に向け、継続して全力で取り組んでまいります。

上に戻る