トップページ > お知らせ > 入浴中の事故にご注意ください!

入浴中の事故にご注意ください!

お知らせ

入浴中の事故にご注意ください!

~寒さ本格化、ヒートショックへの対応を~

  北はりま消防組合では、令和元年中に入浴中の病気やケガで105名の方を救急搬送しており、特に、気温が低くなる時期に多くの方を搬送しています。

 救急要請の内容では、浴室内での転倒によるケガや溺水、脳疾患や心疾患による急病が多い状況です。また、急激な温度変化により血圧が変動することで体に影響を及ぼす「ヒートショック」と言われる症状にも注意が必要です。

 寒さが本格化するこの時季に、安全に入浴するために以下の点について確認しておきましょう。

  1. 入浴前に脱衣所や浴室を暖めましょう。
  2. 湯温は41度以下、湯につかる時間は10分までを目安にしましょう。
  3. 浴槽から急に立ち上がらないようにしましょう。
  4. 食後すぐの入浴や、飲酒後、医薬品服用後の入浴は避けましょう。
  5. 入浴する前に同居者に一声掛けて、意識してもらいましょう。

入浴中の事故にご注意ください

画像及び参考資料:消費者庁ホームページ

参考資料

●消費者庁ホームページ 「冬季に多発する高齢者の入浴中の事故に御注意ください!」

https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/caution/caution_042/

●気象庁ホームページ 「ヒートショック予報」

https://tenki.jp/heatshock/

上に戻る